このページのリンクアドレス

エブリスタ
かわいそうなせかいとかわいそうなゆうしゃ。

小説 青春・友情

かわいそうなせかいとかわいそうなゆうしゃ。

解場繭砥

子供たちが生きる世界。その総体がゲーム。

完結

36ページ

更新:2017/08/21

コメント:現代の子供たちはいかにサバイバルをしているのか? 小説。

説明

初めてネットゲームに誘われた。でもそこはリアルが交錯する、子供には過酷な世界。
------
僕は幼馴染のヒロくんに初めてネットゲームに誘われた。
他の仲間はクラスの木下・高田・佐藤。
三人は僕のことが嫌いみたいで、どうしてこんな奴らと冒険しなくちゃいけない?
僕は僕のやりたいようにやる。

それをヒロくんがわかっているかどうかは知らない。
------
子供たちの、子供なりの、しかし大人には予想もつかないほど過酷な、リアルと背中合わせのゲームライフ。
子供には子供の生き方がある。他人には他人の生き方がある。そして友情も憎しみも、しっかりと盛られている。
------
「お題」から短編小説を書こう! 第11回 石田衣良のノベリスタ大賞
に参加しています。お題として以下を選択しています。
「大切なものを守るために戦うゲーム小説」

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

解場繭砥さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント