このページのリンクアドレス

エブリスタ
吸血鬼文明開化覚書(ヴぁんぱいあぶんめいかいかおぼえがき)

小説 コメディ

ヴァンパアっぽい作品集

吸血鬼文明開化覚書(ヴぁんぱいあぶんめいかいかおぼえがき)

平中なごん(お盆も仕事)

(2)

まさかのヴァンパイア落語!

完結

7ページ

更新:2017/08/24

コメント:理由はよくわからないが、飛頭蛮(ろくろ首)はヴァンパイアのカテゴリらしい……。

説明

「ヴァンパイア × 落語」な短編小説☆
日本におけるヴァンパイア(吸血鬼)とされる「飛首頭(ろくろ首)」……彼らが明治の世に文明開化を迎え、異国のお仲間である西洋のヴァンパイアのハイカラさに憧れる姿を落語風に描いたものです。
意外と知ってるようで知らない「ろくろ首」の生態もわかりますw。
くだらないお話ですが、短編ホラー以上にさらっと読めるんで、あ、よかったら読んでやってくんねえ!
m(_ _)m

※「私が原作者である」ことを明示してもらえば使用フリーといたしますので、もしお気に召された噺家さん等おりましたら、お気軽にお使いください。

この作品のタグ

作品レビュー

平中なごん(お盆も仕事)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません