このページのリンクアドレス

エブリスタ
ひとはだの効能

小説 恋愛

ひとはだの効能

美森 萠

(3)

せめてこの夜の記憶が、あなたの救いになればいい

完結

150ページ

更新:2018/03/01

コメント:完結しました。最後までお付き合いくださりありがとうございました。

説明

覚えているのは

揺れるカーテン
響く波音
軋むベッド
月明かりで薄ら明るい部屋

湿った吐息と
俺の上でしなる身体

最後に一粒、こぼれた涙


この夜の記憶が、あなたの救いになればいい



2017.9.4 ~ 2018.3.1

※『あなコヒ』本編終了後を描いた作品です
 本編を読んでいない方でもお楽しみいただけます

この作品のタグ

作品レビュー

美森 萠さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません