このページのリンクアドレス

エブリスタ
転校生の空

小説 恋愛

転校生の空

清鳥 志紀

あんなやつ、キライだと思ってた。

連載中

131ページ

更新:2018/11/02

コメント:清く優しく誠実に?そんなもんドブに捨てちまえ。

説明

「私は、あんたなんか、キライよ」

私はもっと素直な子だと思ってた。
あいつといると調子狂う。


先生に用事があると呼ばれた吉村 美月(よしむら みづき)。言われた通り職員室に行くけれど――
「何、おまえ」
そこにいたのはとんでもなく扱いにくい転校生・早水 裕人(はやみ ゆうと)だった。


高校か中学かはぼかして書きますので好きな設定でお読みください。

かんたん表紙メーカーさんお借りしました。

処女作です。至らない点も多いと思いますが生暖かく見守ってください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

清鳥 志紀さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

この作品の参加イベント