このページのリンクアドレス

エブリスタ
ずきんオオカミと赤ちゃん

小説 詩・童話・絵本

ずきんオオカミと赤ちゃん

エウレオ

(4)

ぼくのかんがえたもうひとつのあかずきんちゃん

完結

9ページ

更新:2017/09/06

説明

ある森に、

からだの毛の色がリンゴみたいに赤くて、

布ぶくろで作ったずきんをかぶっているオオカミがおりました。

***

「オオカミと赤ずきんちゃん」を並べ替えたら「ずきんオオカミと赤ちゃん」になるやんけ! ずきんオオカミって面白いwwという完全思い付きでドバーーーッと書いてみた、それだけのものです。(笑)

↑追記 作者のテンションの割に、内容はハイテンションではありません。

表紙のオオカミがオオカミらしく見えないorz

この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません