このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

火の魔女と魔狼娘のオラクル

小説 ファンタジー

火の魔女と魔狼娘のオラクル

和三盆粗目

(1)

日本の記憶を持つ少女と魔狼娘のダークでほのぼのな旅路の記録。

休載中

19ページ

更新:2017/09/27

説明

気づいたら、棺桶から目を覚ました。
しかも、記憶はほとんど失われていた。
わかるのは、自分が日本にいたことのみ。
少女は鎖に繋がれた魔狼娘に出会い常に襲われそうになりながら、自分が目覚めた世界を見て回る。
その世界人間はは妖魔と魔物との戦争で疲弊し、復興最中。まだまだ荒れた世界にて、たくましく生きる人々とも出会う。

これは日本の記憶を持つ少女と鎖に繋がれた魔狼娘の、時にほのぼの、時にダークな、火を求める旅路。

*アルファポリス、カクヨムにも投稿しております。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません