このページのリンクアドレス

エブリスタ
贅沢なお茶漬け

小説

贅沢なお茶漬け

爾月

妻が準備してくれたのは、お茶漬けだった。

完結

3ページ

更新:2017/09/06

コメント:そこには、愛が詰まっている

説明

仕事から疲れて帰って、妻が用意じてくれたのはお茶漬けだった。
愛がたっぷりと注がれた、それは贅沢なお茶漬け。
他サイト重複投稿

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

爾月さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント