このページのリンクアドレス

エブリスタ
温かい紅茶を一つ

小説

温かい紅茶を一つ

いっちゃん。

完結済み

完結

5ページ

更新:2017/09/08

コメント:日々の生活に疲れた方々を当店ではお待ちしております。

説明

仕事に疲れた私は行きつけの喫茶店へと訪れた。
そこはまるで時計の針が止まったかのようなレトロさを醸し出し、どこかノスタルジーを感じる空間だった。

そして、そんな私を優しく向かい入れてくれるのは老いた一人のマスター。
彼の言葉は日々に付かれた人の心を優しく癒していく。

紅茶の温かさとミルクの甘い匂い。
時折感じる時計の音を感じながら、どうぞごゆるりとご堪能くださいませ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

いっちゃん。さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント