このページのリンクアドレス

エブリスタ
悪を斬る理由

小説 歴史・時代

悪を斬る理由

止鏡明水

命を賭して武士道を貫く、頑なな男たちの物語

完結

83ページ

更新:2017/09/09

コメント:第24回電撃小説大賞 四次選考落選作です

説明

主人公・雲月蒼葉(くもつきあおば)の父を殺したのは、悪斬り偽善と呼ばれる男だった。
悪斬り偽善は、その名のとおり悪を斬る男だ。
しかし、それでは父が悪だったということになってしまう。
父の潔白を確かめるために、蒼葉は危険を承知で偽善に会いにいく。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

止鏡明水さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント