このページのリンクアドレス

エブリスタ
遥かなる海辺より(人魚の歌にまつわる小さなお話)

小説 ファンタジー

遥かなる海辺より(人魚の歌にまつわる小さなお話)

ふしじろ もひと

剣と魔法の世界の片隅で眠っていた人魚の歌にまつわるささやかな物語。

完結

43ページ

更新:2017/09/10

コメント:人間ならざるものへの愛着に音楽へのオマージュを絡めた、拙作中では最も好ましい形にまとまってくれた一編です。

説明

 とある北国の屋敷における祝いの席で披露された百年前の楽譜と手紙。それは大陸南部の漁村に棲んでいた人魚の歌を書きとめたものだった。剣と魔法の世界の片隅で眠っていた異類の歌にまつわるささやかな物語。
 元々は別の長編の背景をなすエピソードとして書いた章に音楽という要素を持ち込み語りなおしたものですので、末尾に長編での形を付章として添えさせていただきました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ふしじろ もひとさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません