このページのリンクアドレス

エブリスタ
羽

小説 青春

高殿アカリ

私は、ちいさな羽を持っている。ちいさくてちいさくて、みすぼらしい羽を。

完結

11ページ

更新:2017/09/28

コメント:綺麗事を並べても、結局は好きに生きていくしかないんだZE。

説明

私は、ちいさな羽を持っている。
ちいさくてちいさくて、みすぼらしい羽を。
薄くて汚くて。ところどころ破れかけている、私の羽。

薄茶色に濁ったその羽で、私は空を飛ばんとしていた。
この身体さえ支えられないようなその羽で、身の程知らずにも青い空に溶け込まんとしていた。

私の穢れた羽よりも、薄汚くどす黒く濁った地上を後にして。

いつだって飛べるように。
必要なのは、タイミングと、孤独に耐える覚悟だけ。



twitter : @akari_takadono

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高殿アカリさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント