このページのリンクアドレス

エブリスタ
私設労働基準監督事務所. Task2

小説 ヒューマンドラマ

私設労働基準監督事務所. Task2

つかさ すぐる

彼が派遣された先で見た、地方の助成金事業の実態とは・・・

完結

16ページ

更新:2017/09/30

コメント:作者の過去の作品「向日葵」の続編 私設労働基準監督事務所.(ピリオド)シリーズとしての実験作

説明

#「週刊文春」小説大賞
2017年応募作品

私設労働基準監督事務所で働く彼が、
今回派遣された先は、
ある地方の地域活性化イベントの
緊急雇用事業だった。


前作で純文学に近い作品として描いた
「向日葵」を発展させて、
電通事件でクローズアップされ、
近年民間委託も検討されている
労働基準監督官業務
その有り方を仮定しながら、
ハードボイルドタッチの小説を
模索して創作

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

つかさ すぐるさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント