このページのリンクアドレス

エブリスタ
緒沢タケル編 オリオン神群の章 死の神タナトスと解き放たれた「魔」

小説 ホラー

緒沢タケル編 オリオン神群の章 死の神タナトスと解き放たれた「魔」

雨風雷音丸

タケルの胸に提げられた「紋章」、その本当の役目がここで明らかに・・・。

完結

99ページ

更新:2018/03/14

コメント:終了しました。次はヘファイストスとの戦いです!

説明

物語通しナンバー 1-2-7
デメテルのテメノスを出発し、
草木も生えない白い霧が覆う「嘆きの荒野」・・・
そこで現れたオリオン神群最凶の敵タナトス、
彼の能力の前に、一人また一人と犠牲者が増えていく・・・。

そしてタケルですら彼の能力に歯が立たず、
その命の炎も消え果る・・・
そして・・・。
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

雨風雷音丸さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません