このページのリンクアドレス

エブリスタ
断罪ロマネスク

小説 歴史・時代

断罪ロマネスク

汐留ライス

悪魔が来たりて江戸を斬る

完結

459ページ

更新:2017/10/01

説明

 時は元禄。
 自称・蘭学者の浪人者、甘柿粘土は実験の手違いから魔界より悪魔・くりやを召喚してしまう。
 くりやは粘土の魂と引き換えに、願いごとを一つかなえようと言うのだが、粘土が決められないでいるうちに平和だった江戸の町は大変な事態に……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

汐留ライスさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント