このページのリンクアドレス

エブリスタ
きみと見つめる、はじまりの景色

小説 青春

きみと見つめる、はじまりの景色

騎月孝弘

(2)

2018年4月28日(土)スターツ出版文庫より全国書店で発売

完結

43ページ

更新:2018/05/13

コメント:エブリスタ小説大賞2017 スターツ出版文庫大賞受賞作

説明

目標もなく自分に自信もない秀は、そんな自分を変えたくて、高1の春、弓道部に入部する。そこで出会ったあずみは、凛とした笑顔が印象的な女の子。ひと目で恋に落ちた秀だったが、ある日、彼女が泣いている姿を見てしまう。実は、彼女もある過去の出来事から逃げたまま、変われずに苦しんでいた。誰にも言えぬ弱さを抱えたふたりは、特別な絆で結ばれていく。そんな矢先、秀はあずみの過去の秘密を知ってしまい――。優しさも痛みも互いに分け合いながら、全力で生きるふたりの姿に、心救われる。

改稿作業を通して、登場人物を4名削り、エピソードも原稿用紙換算で100枚カット、100枚追加したくらいの感があります。現在、冒頭43ページ(書籍版全5章のうち1章分)公開設定にしています。受賞作は書籍版で、1ページ目から大きく変わっています。大幅改稿の作業工程でどう生まれ変わったのか、書籍版と読み比べていただくと、リアルな創作過程や改稿の威力を知っていただけると思います。冗談抜きに、編集者様のお力は絶大だと感じました。とくに、2018年8月からエントリーが始まるスターツ出版文庫大賞に応募される方の参考にしていただければ幸いです。

『きみと見つめる、はじまりの景色』 
2018年4月28日(土)全国の書店で発売

書籍化情報

書籍名:きみと見つめる、はじまりの景色

出版社:スターツ出版

発売日:2018/04/28

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

騎月孝弘さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント