このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

アカメノセカイ

小説 コメディ

アカメノセカイ

雷川木蓮

世界は変わった。それでも僕は変わらない

休載中

3ページ

更新:2017/09/27

コメント:ひっっっっさびさのリハビリ作品的な何か

説明

ある日、突如人々に『赤目吸血病』という病が襲いかかった。患者は目の色が赤になり吸血衝動が襲いかかるというもので危険視されていた。さらに超人的な身体能力に加えて肉体を変化させたり超能力が使えるようになったりと世界に混乱をもたらした。

『赤目吸血病』が確認されてから1年経った。ほんの一握りの人間を除いてだが全人類と言っても過言ではないほどの疾患者の数となり『赤目吸血病』に関与する犯罪数も一時的に増えたが対抗手段に『赤目吸血病』疾患者を用いたらあっさり犯罪数が減った。

さらに超人的な力を用いるとこで新たに闘技などの事業が増えある意味世界は平和になった。

それでも僕は変わらない。目の色が黒で身体がちょっと頑丈だっただけで血が美味しいとか言われたけど、僕の日々は変わらない。

たとえ疾患者ではない僕達の方がおかしいって言われても変わらない。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

雷川木蓮さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません