このページのリンクアドレス

エブリスタ
焦燥に駆られる

小説 ホラー

ホラーの缶詰

焦燥に駆られる

小谷杏子

後ろには、何もない、はずだ。

完結

2ページ

更新:2017/09/27

コメント:書籍サカサノロイ(竹書房)に収録されました。

説明

霊的な何か、なんて信じちゃいないけど、ふと、言いようのない恐怖を感じることがあるんだ。
何か、なんでもないのに、ただ一人きりというだけで、心臓が跳ねるほどの焦燥感を抱く。
そういうことって、ない?


「みんなで作る「最恐」百物語コンテスト リベンジ」に参加しています。
ホラー短編、四つ目。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

小谷杏子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント