このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は3ヶ月以上更新されていません。

英雄のいない世界で

小説 ファンタジー

英雄のいない世界で

赤坂皐月

(5)

かつて勇者を志した青年は、英雄となる道を捨て、世界の嫌われ者となる──

休載中

971ページ

更新:2018/05/20

コメント:2018.5.7 BACK TO THE OCEAN Chapter3が完結しました。

説明

魔法の進化形態である練魔術は、この世界に大きな技術革新をもたらした。
しかし、新しい物は古い物を次々と淘汰していき、現代兵器での集団戦闘が当たり前となった今、この世界で勇者という存在は、必要の無いものとみなされるようになってしまっていた。
王国の兵団で勇者を目指していた若き青年、ロクヨウ・コヨミは、そんな時代の訪れを憂い、生きる目標を失い、次第に落ちこぼれていってしまったのだが、しかし彼の運命は、とある少女との出会いをキッカケに、彼の思わぬ方向へと動き始めてしまう──。

●2018.3.1 第1シーズン『THE GROUND ZERO』が完結しました!
●2018.3.23 BACK TO THE OCEAN Chapter1 完結しました。
●2018.3.29 ジャンル応援キャンペーン ファンタジー「冒険」[リンク]にて佳作に選出されました!
●2018.4.11 BACK TO THE OCEAN Chapter2 完結しました。
●2018.5.7 BACK TO THE OCEAN Chapter3 完結しました。

この作品のタグ

作品レビュー

ポリアンキ
ポリアンキさん
【作品】英雄のいない世界でについてのレビュー

イベントにご参加いただきありがとうございます。

主催のポリアンキというものです。

レビューイベントなのですが、この作品についてはレビュー以前に指摘する箇所がございますので、コメントという形で今回幾つかアドバイスをさせて頂こうと思い、伺いました。 

ですので、是非ともここは怒らずですね、その道の意見として耳を傾けていただきたいなと思うんです。

一応読ませて頂いたんですけど、気になる事が数点ありました。

今回、畏れながら申し上げるのは、以下の点ですね。


◆二重鉤括弧『〇〇』

こちらは鉤括弧内で台詞を使う時に用いるものです。
例「私は先生の『あきらめるな』という言葉に感銘をうけました」

◆(!)(?)の後は全角1文字開ける。

これは国家標準です。(日本工業規格)
区切り約物(cl-04)(疑問符[?] (QUESTION MARK)と感嘆符[!] (EXCLAMATION MARK))の字幅は,全角とし,次のように配置する.
文末にくる区切り約物(cl-04)の前はベタ組とし,区切り約物(cl-04)の後ろは全角アキとする。
……まあぶっちゃけこの辺はそのままでもいいかもしれませんけど、もしかしたら今後も指摘されるかも。


――こんなところですね。

勿論、そのままでもいいかもしれませんが、個人的には惜しいと思いコメントいたしました。

これから、きっともっといい作品に仕上がると思っております。

こういう未来ある作品には全てコメントさせていただいております。

ですので、上記で思うところございましたら、是非とも推敲されてみてください。

それでは失礼致します。

もっと見る

2018/03/14 22:32
コメント(1)

赤坂皐月さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント