このページのリンクアドレス

エブリスタ
私、国王になりました! 結婚編

小説 ファンタジー

私、国王になりました! 結婚編

松岡 黒希

国王になった後は結婚相手探し!?(逆ハーレム)

連載中

82ページ

更新:2018/09/20

コメント:主人公の女の子はサバサバしてます。

説明

「私、国王になります!」のシリーズ続編。

異世界に飛ばされた真(マコト)は、チート級の魔力を使いこなし、無事(?)国王に。
魔剣探しも順調だし、さて、平和な国を目指して頑張るか!と思った矢先、
え、結婚しろだって!?
いや、そんな事を言われても相手がいない、、、

そこでマコトが結婚を申し込んだのは、
犬猿の仲のダレン・フォン・バイルシュミット卿だった!

そんな中、エリアスが敵国にさらわれて、しまい、、、、
イケメン臣下に囲まれていろんな人や問題にぶつかりながらも平和な国を目指す物語。
---
過去タイトル 『王になるということ 結婚編』
シリーズ物の2作目。1作目はまだ非公開です。世界観がわかりにくいかもしれませんが、この話単体で読んでください。

主な登場人物

柊 真(ヒイラギ マコト)
  目が覚めると異世界だった。
  膨大な魔力を生かして王位継承戦で無事に(?)国王に。  
  平和な国にしようと日々東奔西走。

ナイト・コールフィールド
  真の側近。背の高い黒髪の青年。
  真の事を敬愛している。
しかし、一部の兵からは裏切り者とし
て、恨みを買っている。それは過去の出来事と
関係しているらしい。

ダレン・フォン・バイルシュミット(バイルシュミット卿)
  十二貴族の長。昔から地位を約束されてきた
バイルシュミット家の長男。 
  スヴェンの兄。
  真とは犬猿の仲である。

スヴェン・フォン・バイルシュミット
  真の直属の臣下。執務担当。
オールバックの仏頂面。
  真には厳しくも甘い。

エリアス・ヴェーラー
  真の直属の臣下。十二貴族のヴェーラー卿の
長男で第一部隊長。
  金髪の美少年。炎の魔法を得意とする。
 
ライト・マクレーン
  真の直属の臣下。第二部隊長。
  槍を扱う赤毛の馬鹿力。

クラウディオ・ベーレンブルッフ
  王の教育係。貴族だが地位は低い。
  真を王になったばかりのころから何かと気に
掛けている。

魔剣 フランク
  人の殺意や気配を感じ取ることのできる能力を持っている魔剣。

魔剣 アルカディ
  怪力の能力を持つ。
  実体化すると白髪の青年になる。  

※人物名ですが、いろんな国の人の名前が混ざっているのは仕様です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

松岡 黒希さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント