このページのリンクアドレス

エブリスタ
「水の行方」 ~ 花言葉の裏側で

小説 ヒューマンドラマ

「水の行方」 ~ 花言葉の裏側で

小原ききょう

ある女の子が配った押し花の花言葉の間違った解釈でイジメが起きる。

完結

174ページ

更新:2018/09/25

コメント:◆印は男の子、◇印は女の子と視点が変わります。

説明

「水の行方~花言葉の裏側で」

お金持ちのお嬢さん長田恭子がクラスメイトたちに「私の忠実な配下になるように」と意味した押し花を配ったことが元で一部の生徒の中にイジメが生じる。
 長田恭子は何のために押し花を配ったのか?
 長田恭子の目的は何なのか?
 小学五年生の主人公村上陽一とクラスメイトたちが懸命に考える中、物語は意外な方向に展開する。
「忠実な配下」の本当の意味は?
 クラスの女の子に虐められている和菓子屋の看板娘の智子、ひたすらピアノの練習に励む少女加奈子、そして押し花を配った長田恭子、3人の思いが一つになるとき物語は一つの形となって収束される。

◆印は男子の視点 ◇印は女子の視点になっています
 
   【シリーズ小説の時系列】

春       「遠野静子の憂鬱」
    ↓      ↓            
夏「水を守る」                
    ↓
秋「水の行方」
    ↓        ↓
冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

小原ききょうさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません