このページのリンクアドレス

エブリスタ
恋愛相談『うらめし屋』

小説 ホラー

恋愛相談『うらめし屋』

空高志

(1)

強引に入部させられた部には幽霊が!しかも恋愛問題を解決するというのだが・・・

完結

101ページ

更新:2017/12/01

説明

強引に入部させられた超常現象研究部にはなんと本物の幽霊がいた! 過去の大事件の影がちらつくなか、黒部修平は他の部員と共に恋愛相談を『うらめし屋』として請け負うのだが・・・!?

この作品のタグ

作品レビュー

河内はろん・季驤(キジョウ)
河内はろん・季驤(キジョウ)さん
【作品】恋愛相談『うらめし屋』についてのレビュー

『応援』します!

恋愛相談『うらめし屋』

カテゴリーは「ホラー」ですが、怖くありません。
ホラーを敬遠する私でも、楽しく拝読することができました!


まずは、その題名です。
恋愛相談を請け負っている大学サークルに、本物の幽霊がいて、その幽霊と共に問題を解決して報酬を手にする。

「うらめし屋」
これは、幽霊を使ったお店、という意味あいと「うらめしや~」の幽霊お決まりのセリフをかけたというもの。

作者様がこれほどまでに「親父ギャグ」に精通していたとは・・(笑)
いっぺんで覚えてしまうインパクト大の題名です!w

さて、恋愛相談の内容ですが、ちょっとした恋心から生死に関わるようなシリアスな内容まで、さまざまです。
サークルメンバーが総出で問題が解決することで、メンバーの成長や絆が見られました。

私が特に心惹かれたのは、部長の幼馴染の玲奈と杏子の会話です。
玲奈は杏子を羨み、杏子は玲奈を羨んでいる。

人の人生を羨んでも、それは空しいだけのはずなのに、羨むことしか出来ない人生を歩んできたと言い切る玲奈。
「羨む気持ちを持つ」という感情は決して、悪いだけ、空しいだけではないのかもしれない。と・・感慨深かったです。
空しいどころか、もしかしたら、生きる糧に変える力を持っているのかもしれない。
そんな風に感じました。

最後に詩織さんが成仏しない理由がわかったのですが・・・
もし彼女が「死すら乗り越える絆」を今後も大切にしてくれるとしたら、5分と言わずずっと修平君の側にいてくれるのではないか・・と期待しました。

そうなるといいなぁ~と願います。

とても素敵な大人の青春物語。
楽しい時間を過ごさせてもらいました!

ありがとうございました!!

もっと見る

2018/03/02 19:11
コメント

空高志さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント