このページのリンクアドレス

エブリスタ
アンバーの箱庭

小説 BL

アンバーの箱庭

明巣

「君は、俺の初恋なんだ」

完結

19ページ

更新:2017/12/05

説明

テオドールは、大地とティータイムを繰り返していた。
「君は俺の初恋なんだ」
そう繰り返す大地にテオドールが応えないわけとは…?

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

明巣さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント