このページのリンクアドレス

エブリスタ
蒼い月

小説 恋愛

蒼い月

林 奏

(6)

踏み込んではいけない。分かっているのに、どうしようもなく惹かれていく──

完結

233ページ

更新:2018/09/18

説明

“長谷デザイン 代表 長谷貴文”

ブルーを基調にした、シンプルだけれどスタイリッシュな名刺。
その名刺を受け取った時にはもう、すべてが決まっていたのかもしれないとすら思う。

あなたは、その優しい手に鉛筆を持ち、紙の上に柔らかな世界を創り出す。
その世界に、踏み込んではいけない。汚してはいけない。
分かっているのに、どうしようもなく惹かれていく。

あなたに、恋をしない方がおかしい──。

(2018年1月16日開始~6月24日完結)

この作品のタグ

作品レビュー

林 奏さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません