このページのリンクアドレス

エブリスタ
お年玉なんていらない。

小説 ヒューマンドラマ

お年玉なんていらない。

うたうもの

(10)

お年玉をもらうことによってわたしは…

完結

18ページ

更新:2018/01/09

コメント:ギリギリ作成しました、ってもう正月過ぎてる…(^◇^;)

説明

毎年お年玉をくれるおじさん。

だけどね、おじさん、わたしお年玉もらうと…。




わたし、お年玉なんていらない。



この物語はフィクションですが、現実のできごとを反映しております。
この物語によって、少しでも世の中のヘイトや差別がなくなることを祈ります。


表紙イラストはMediBangにて作成

(c)うたうもの 2018

この作品のタグ

作品レビュー

にいだ★腰痛よ!去れっ!
にいだ★腰痛よ!去れっ!さん
【作品】お年玉なんていらない。についてのレビュー

ネタバレ

(応援)ご無沙汰しております!
この度、エブリスタの企画イベント『みんなで作るおすすめ作品特集』で、
よりたくさんの皆様にこの作品をお読み頂きたいと思いまして、再レビューさせて頂きました!

何とも意味深な滑り出しとタイトル!俄然、興味津々でご拝読させて頂きました!

作者様は、時に異世界や近未来を舞台とした作品をお書きになる、まさに変幻自在なクリエイター様。
「もしかしたら…この作品に登場する『お年玉』は、我々がイメージする『お年玉』とは違う意味合いなのかな…」
と、考えながらご拝読させて頂くうち…
物語の舞台は現代であり、今の社会が抱える問題へと言及して行きます。
今や、クリスマスやハロウィンやバレンタインといった西洋のイベントは日本でも日常的になっていますが、お年玉だけは日本独自の文化。
その事に着目し、人種や思想の差別問題にお話が繋げる所に、うたうものさんのストーリーテラーとしての技量の深さと、人類は皆、等しく平等なんだという平和への願いをひしひしと肌で感じました!

『わたしたちの心の中にヘイトを生み出し、それを増長させるものの、正体は無知である』
↑↑
まさにその通りです!
まずは、相手を知る事。
そして、受け入れる事こそが世の中から争いを無くす第一歩ですよね!

最初は日本の文化に嫌悪感を抱く主人公。
しかし、日本に来て人の温かみに触れ、心の中の何かが変わったようです。

「COOL JAPAN じゃないわ、これは。
WARM JAPAN よ!」

それぞれの国に独自の文化が有るのは、その国の先人たちがこれまでの生活や営みの中で生み出してきた『生きてきた証し』だと思います!

そして、どの文化にも共通に有るのは『感謝と愛情』そして『誇り』だと思います!

最後に日本文化の素晴しさを!そして自分を大切に想ってくれる愛情の有り難さを痛感した主人公!
その姿に惜しみない拍手を贈りたいと思います!

いやぁ!心が温かくなる大変大変素敵な作品をご拝読させて頂き、本当に本当にありがとうございました!!

もっと見る

2018/03/18 17:27
コメント(2)

うたうものさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント