このページのリンクアドレス

エブリスタ
極夜のむらさき、

小説 ヒューマンドラマ

極夜のむらさき、

泥子 幸繁

冬の夜に現れる、謎の兵隊の幽霊と、彼に会いに来る極夜を生きるような奔放少女。

完結

20ページ

更新:2018/02/25

コメント:津川 新衣子、幼い頃、真冬のある夜の出来事

説明

少女しか知らない秘密が、酒造の家にはあった。

静かに、黙々と降り積もる雪と、ただ佇む兵隊の幽霊。

冬の夜にしか現れない幽霊と、彼に会いにやってくる少女。

両親の離婚をきっかけに、その年の冬、新衣子は母親と家を出て行くことになる。

その時、幽霊の男は…

兵隊と新衣子をつなぐ、不思議な運命の糸。

謎の兵隊の幽霊と、幼い新衣子の、ささやかな友情物語。


極夜:太陽の出ることのない、南極圏の夜のこと。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

泥子 幸繁さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント