このページのリンクアドレス

エブリスタ
天人の氷衣

小説 SF

天人の氷衣

芳納 珪

(1)

少女たちが働く造衣所。そこで造られる「氷衣(ひごろも)」とは? 近代産業史風SF

完結

12ページ

更新:2018/03/18

コメント:妄想コンテスト「雪の夜」参加作品

説明

山の中の巨大な工場「造衣所」。希望に胸を膨らませてやって来た「私」は、同郷の仲間とともに「氷衣(ひごろも)」を造る作業に従事する。天人の御技にひたすら驚嘆し、従順に奉仕する日々だったが....。

この作品のタグ

作品レビュー

芳納 珪さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント