このページのリンクアドレス

エブリスタ
緊張の瞬間

小説 歴史・時代

緊張の瞬間

藤見

その緊張には訳がある

完結

2ページ

更新:2018/01/29

コメント:奴らは「キャアアアア」と鳴くように私には聞こえます

説明

これは〈今〉ではない昔、まだ侍が刀を持っていた時代。濡れ衣を着せられた男の逃走の一幕。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

藤見さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント