このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕が見つけたのは

小説

僕が見つけたのは

eo.

(1)

雪はどうして白いんですか?

完結

5ページ

更新:2018/01/30

説明

説明文がありません

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

michico
michicoさん
【作品】僕が見つけたのはについてのレビュー

ネタバレ

この話が大好きです。

主人公が見つけた、幽霊とも雪女とも見紛う彼女は、きっと主人公の彼に感謝をしていると思います。

月と彼女だけの孤独な時間を邪魔されて、はじめは放っておいて欲しくて、少しうっとおしかったかもしれないけれど、主人公の彼が自身に負担なく犬を貸して暖かさを与えてくれた事の方が大きな事になって喜んでいるでしょう。


どんなに心を閉ざそうとしても、愛情を求めて外界へ手を伸ばす、という内容の台詞の下りがずっと胸から離れません。
もしも彼女もその言葉が心に引っかかったなら、懸命になって心を溶接し直そうとするか、自然に任せて愛情を求めていくか、どちらかなんだろうと思います。

私の予想は前者だけれど、いつか後者になれたらいいと願います。

彼に背中を向けて歩き出した後も、時々その綺麗な石を見つめながら、彼の投げた言葉たちを思い出して、彼の貸してくれた犬の温もりを思い出して、ほんの僅かな時間の出会いに感謝するのだと思います。

そして、彼がこの寄り道で気分転換できて恋人に謝ろうと思えたように、彼女の方にも何か小さな一歩があったことでしょう。


私はまるでクリスタルの中を覗いているような、くるくると色を変えて形を変えて綴られる作者さまの文章が大好きです。

新作が立ち止まった状態なのが残念ですが、時間が出来たら是非とも完結してくださいね。
個人的には、エロシーンはほどほどに、くらいを希望(笑)


何だか支離滅裂になって、とてもレビューと呼べるものではありませんが……。
この作品の感想をきちんと伝えていなかったな、と思って。

冒頭でも発してしますが、この話が大好きです。
これからもきっと、何度も読み直していきます。

素敵な作品をありがとうございました。

もっと見る

2018/04/01 15:30
コメント(1)

eo.さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント