このページのリンクアドレス

エブリスタ
彼女が何者だったとしても、僕は今日死ぬはずだった

小説 ヒューマンドラマ

彼女が何者だったとしても、僕は今日死ぬはずだった

堀田すみの

きっと彼女は、僕が生まれてからずっと、僕の傍に居てくれたのだと思う。

完結

6ページ

更新:2018/03/01

コメント:精一杯の善意を込めて。

説明

死にゆく僕とそれを見守る彼女の物語。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

堀田すみのさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません