このページのリンクアドレス

エブリスタ
対等なるゴッズワン

小説 ファンタジー

対等なるゴッズワン

福本士富

平日毎日9時更新 ファンタジー 文明と神 女主人公 誤字などあればお知らせください

あら..

完結

203ページ

更新:2018/09/15

コメント:滅亡前に英雄が蘇ったが「信仰ないなら死ね」と言う。信仰心がありますということにしてなんとか救わせられる?

説明

平日毎日9時更新 ファンタジー 文明と神 女主人公 誤字などあればお知らせください

あらすじ

 激突確実・惑星粉砕必至の巨大天体が落ちてくる。しかも明後日。
 戦争を終わらせた新技術を詰め込んだ兵器機動腹帯(コルセット)を扱う主人公ハルハレミアは人類最強戦力の守護神としてその巨大天体に特攻するよう軍部から命令を受ける。が、その自爆攻撃は効果がないことは知っている。宇宙に脱出できず残された人類が最期の時を安心して過ごす為のプロパガンダである。ハルハレミアも人類のほぼすべても絶対に死ぬ。
 これまで逆境を意地で乗り越えてきたハルハレミアだが、さすがに絶望して神代の英雄を祭る石碑に祈った。
「世界を救ってください! ダメならいっそ全部滅ぼしてください!」
 そして英雄は蘇り、信仰を棄てた現代人を敵視する。
「わかった人類滅ぼす。神を崇めぬものは死、あるのみ」
「えっ、ちょっと待って、やめてっていうか、やめろ!」
「なんだこの現代人強い。滅ぼせなさそう」
 英雄に「たまたまそこにいた村娘」だと思われたハルハレミアは、なんとか現代にも信仰心があるように見せかけたうえで英雄に巨大天体をなんとかしてもらおうと画策する。
 が、英雄からの返答は「いやアレはムリ」
 神話が投げ出す惑星救済物語。

登場人物

 ハルハレミア 18歳 女 統一政府軍所属
  人により選ばれ文明により成る人類の守護神。意地と根性で不幸な境遇から人類最強の座まで上り詰めた。新技術の結晶機動腹帯(コルセット)に適性を示す唯一の軍人。
  両親は無く、機動腹帯の開発者である叔母が後見人。就労時点で成人と見なされる制度なので成人扱い。自爆指令を受け取った時点で昇進した。
 服装が地味で、「沼から這い出してきたばかり」と評判。本人は自然派を主張。


 神代の英雄 4千年前に生まれて寝起き
  人により選ばれ神により成る英雄。無限なる神の祝福と四界の加護、三十五万の宝玉の力をその身に宿し、神話の時代に幾度も世界を救った。
  目覚めてすぐ自分と対等に渡り合ったハルハレミアに「こんな村娘でさえこんなにも強い現代人凄い」と勘違いをする。それさえなければ人類を滅ぼす気満々。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

福本士富さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません