このページのリンクアドレス

エブリスタ
ミストレス・ローク

小説 SF

ミストレス・ローク

汐月 詩

(7)

地球を守るため少女たちは戦闘生物《ミストレス》となった──少女×戦闘×恋愛

連載中

179ページ

更新:2018/06/21

コメント:しばらく別作品に集中するため、お休みモードです。

説明

新暦105年──
人類はほぼ滅亡し、コールドスリープ(人工冬眠)し生き延びた数名で、新たな文明を築いていた。

人々は【沈黙の日】以来続くミスト(毒霧)に悩まされ、唯一ミストで覆われることのない政府機関、通称ミストレスに憧れを抱いた。

15歳の少女、ユイ・ジョルジュロットもその1人であった。

ある日、ユイは現代にいるはずのない銀の目をした青年セイルに出会った。
セイルは政府の人間で、ミストレスに入ることが可能だと言う。
彼の勧めでミストレスに行くことになったユイ。
そこで信じられない真実を知ることとなる。
政府機関ミストレス─その真の目的とは。

そしてユイの過去にもある秘密が──


少女は正義と悪のジレンマの渦に巻き込まれながら成長する


**************

ライトSFになっております。
SF苦手な人でも大丈夫です。

この作品のタグ

作品レビュー

汐月 詩さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント