このページのリンクアドレス

エブリスタ
私は最期に雪をみた

小説 現代ファンタジー

私は最期に雪をみた

さぼてん

あまり印象に残ってなかった昔のクラスメイトの正体は…

完結

4ページ

更新:2018/02/02

コメント:一応雪の夜投稿作品です。

説明

昔の学生時代で集まった同窓会。
盗まれた傘から始まる彼の驚きの正体。

「どうして、私だったんだろう」

疑問は綺麗な雪と共に埋もれていった

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

さぼてんさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント