このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は3ヶ月以上更新されていません。

水無月に嘘の欠片を

小説 歴史・時代

水無月に嘘の欠片を

朝陽

時代を超えても最期の時までお前は俺の大事な妹だよ

休載中

4ページ

更新:2018/02/05

説明

今でも思い出すの。
あれは夢なんかじゃなかった。

私の生きる時代で、過ごしたこと
あなたの生きる時代で、過ごしたこと

ーーもう、過去に生きるのはやめる。


「お兄ちゃん、私前に進むよ。」


***********
数年ぶりの歴史トリップ小説に挑戦中!
自分があの頃から少しでも成長できていたらと思い書き始めました。
遅筆ですがどうかよろしくお願いします。
シリアス多め。何かありましたらコメントでお願いします。
この小説は史実を元にした完全なフィクションです。この人の思想はこんなものではない!この時この人はいない!と言ったこともあるかと思いますが、作品の雰囲気に合わせて書いていきますのでもしそう言ったのが苦手でしたらブラウザバックをすることをお勧めします。

検索ワード
幕末 長州 吉田稔麿 トリップ

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません