このページのリンクアドレス

エブリスタ
女王の勅撰集

小説 歴史・時代

女王の勅撰集

鶏林書笈

新羅版“万葉集”「三代目」の編纂風景を想像して描いて見ました。

完結

2ページ

更新:2018/02/03

コメント:#ヘキライ参加作品。第61回お題→鬼

説明

王朝の黄昏時に王位に就いた真聖女王。彼女は国を建て直すために様々な政策を講じますが、その一つが勅撰歌集の編纂でした。歌集の編纂など現代の感覚では政事とは無関係と思われますが、政祭一致の時代には有り得たことでした。物語の根底にあるのは古今集真名序の一節ですが、歌に対しては新羅でも同じ思いを抱いていたのでは、と思いながら書いて見ました。『三代目』と題するこの歌集は残念ながら現存していませんが、日本の『万葉集』のような内容ではないかといわれています。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

鶏林書笈さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません