このページのリンクアドレス

エブリスタ
星界のエリシオン

小説 SF

星界のエリシオン

楠木斉雄

遠い未来、はるか彼方の星系で人類の存続をかけた戦いが始まる。

完結

248ページ

更新:2018/04/04

コメント:イラスト提供RAZU様:ツイッターアドレス→https://twitter.com/mH8vpNATPgBcC2c

説明

テロ事件に巻き込まれて死亡した主人公は気が付くと見知らぬ世界で意識を取り戻していた。頭上には紫色を背景にピンクの雲が流れる空。そして、人類を抹殺するために創造された生命体「生物=機械」が跳梁するその世界は、バザードラムジェット推進を使った播種ラムシップが人類を含む地球の生命体を移植した植民世界だった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

楠木斉雄さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント