このページのリンクアドレス

エブリスタ
アカツキ姫とユウナギ王子

小説 ファンタジー

アカツキ姫とユウナギ王子

橘 塔子

きれいで純粋で、愚かなお姫様。わたしの愛しいアカツキ姫。

完結

30ページ

更新:2018/02/04

コメント:大人の童話風ファンタジーです。

説明

 青い海に面したワダツミ国には、アカツキ姫という美しい王女様がいました。アカツキ姫はみんなに愛されていましたが、窮屈な生活にいやけが差していました。
 明るいワダツミ国を嫌い、魔法使いが住むという魔の森にあこがれるアカツキ姫のもとに、ある夜、一羽のミミズクが舞い降ります。
「森へ行きたいのなら、連れて行ってあげるよ」

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

橘 塔子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント