このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は3ヶ月以上更新されていません。

iris ―アイリス―

小説 SF

iris ―アイリス―

桂馬

気弱な文学少女×大量殺戮兵器=正義のサイエンスヒロイン?

休載中

20ページ

更新:2018/04/15

説明

(……どうして、こんな事になったんだろう……)

桜舞い散る季節、高校へと続く道。

新入生の誰もが希望と不安に胸ふくらませ、木漏れ日の通学路を足早に歩いて行く……。

……そんな中で、ただ一人。

私、新入生の水瀬菖蒲(みなせあやめ)だけは顔を俯け、重い心を引きずりながら歩みを進めて行く。

(……私、これからどうなるのかな……)

か細い声で、誰にともなく問い掛けるけれど、答える声は無い。

うららかな陽気の中、自分だけが世界から切り離されてしまったような、そんな疎外感をひしひしと感じながら……それでも、前に進むしかなくて……。

「……ううん、尻込みしてる場合じゃない。頑張らなくちゃ。とにかく、精一杯……」

怖くて、怖くて、今にもこの場から、この世界から逃げ出したい。

そんなふうに怯える心を鼓舞するように、あえて私は声に出し、覚悟と共に改めて通学路を歩き始めた。

……そっと手を添えた小さな胸に、大きな秘密を隠しながら……。



2018年 2月 4日 執筆開始。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

桂馬さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント