このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は3ヶ月以上更新されていません。

日常的な、非日常

小説 ヒューマンドラマ

僕はある日、ちくわの中身をのぞいてしまった。

日常的な、非日常

満田月 (二枚目)

[バッタリ]と称されるナニカ。

休載中

17ページ

更新:2018/03/25

説明

彼らの世界は実に単純化されている。
個々にきちんと役割があり、
役割に沿った生を歩んで行く。

[優等生]として生を受ければ、
出世街道ひた走り。
余計な邪魔なぞ何のその。

[勇者]なんて大層なモノにもなれば、
迫り来る敵をなぎ倒し、悪を打ち砕き、
助けを乞うヒロインを颯爽と救う。

そんな彼らは主人公と呼ばれ、
彼らを引き立たせるための悪役、
果てには端役…モブまで役割付けられている。

皆が皆、各々の役割に忠実に、
綿密に練られた台本通りに
[自分の世界]を進めていくのである。

勿論、約束ごとのように例外も存在するが。


何の変哲も無さすぎて
むしろ一風変わっている少年A役の
モブだって、
ナニカを機に 物語の主人公に成り上がる。

そんな可能性も0ではない、と
誰が主張したのだろうか。


少なくとも、
[公園でコスプレ変質者を撃退する]
なんて意味不明な事態よりは
ナニカ に出くわす可能性の方が
高いとしたら…。




(中文字/行間狭め/茶背景/5ページずつ
 の表示がオススメです)

再録:2018.2/05~

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

満田月 (二枚目)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません