このページのリンクアドレス

エブリスタ
このドアを開けてくれ

小説 恋愛

短編集

このドアを開けてくれ

スミレ

バレンタインの夜、あの人の待つ部屋へと向かった。

完結

5ページ

更新:2018/02/14

説明

バレンタインの午後8時、専務秘書の私は、常務とその秘書のいる常務室へと向かった。

※ベリーズカフェ掲載作品『この部屋に入れてくれ』の拡大版です。
※2018.02.07-14公開。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

スミレさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません