このページのリンクアドレス

エブリスタ
狐とボクと、朝に食べる晩ごはん

小説 現代ファンタジー

狐とボクと、朝に食べる晩ごはん

梯本 渚月

“ボク”と昼夜逆転狐の、食事を通じて暖かさを求めるストーリー

完結

10ページ

更新:2018/02/15

説明

“ボク”があの日出会ったものは、天の助けだったのかもしれない。
たとえそれが、引きこもりゲームオタクな狐だったとしても――。

雪山に捨てられた“ボク”が狐に助けられ、料理を一手に任される。そんな、平和なストーリー。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

梯本 渚月さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント