このページのリンクアドレス

エブリスタ
せめて1時間だけでも笑ってくれるなら

小説 ヒューマンドラマ

せめて1時間だけでも笑ってくれるなら

ゴン

(4)

平成を頑固に生き抜いたテレビプロデューサー。新時代到来に思いを馳せる。

完結

25ページ

更新:2018/02/25

コメント:「裏 NovelJam 2018」オンラインコンテストにて優秀作品に選ばれました。

説明

テレビの現場で30年のキャリアを誇る古賀聡。バラエティの世界で一時代を築いたプロデューサーだが、早々に新番組の打ち切りが決まり、ついには「引退」を勧告される。週末、古賀が向かったのは、ひとりの天才芸人が眠る墓だった。テレビプロデューサーとして頑固に生き抜いた平成の時代が幕を閉じようとしている今、古賀は何を思うのか。

この作品のタグ

作品レビュー

ゴンさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント