このページのリンクアドレス

エブリスタ
アミュレット

小説 恋愛

アミュレット

みよた美里

アミュレットの意味は二つ。お守り、そして魔除けである。

完結

130ページ

更新:2018/02/16

説明

二人の出会いは最悪だった・・・。高坂壮士は文学部に通う大学三年生。年下(特に女子高生)が大好きな軽薄な男である。そんな壮士は車椅子に乗る女性、三浦梓と最悪な出会いを果たす。彼女は壮士よりも十歳年上で雑貨屋を経営していた。壮士は彼女に弱みを握られ、少しの間雑貨屋で働くことになるが・・・。この題名の意味を知るとき、あなたはきっと切なくなる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

みよた美里さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント