このページのリンクアドレス

エブリスタ
紳士と黒猫

小説 恋愛

紳士と黒猫

高殿アカリ

紳士が拾ったのは黒猫の彼女だった。

完結

11ページ

更新:2018/03/03

コメント:紳士なおじさま×口悪い美女、大変好物です。

説明


2人の男女が向かったのは、高級住宅街に建つ1つの洋館だった。

そこには、由緒正しき西園寺家の当主西園寺レオンが住んでいた。

昨夜、彼は1匹の黒猫を拾った。

これは、彼と彼女の奇妙な同居の始まりの物語である。

*****

要望があるようなら、続きも書こうかなぁだなんて考えてたり、考えていなかったり。

Twitter : @akari_takadono

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高殿アカリさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント