このページのリンクアドレス

エブリスタ
三途の川前レストラン『アテンド』

小説 現代ファンタジー

三途の川前レストラン『アテンド』

米原湖子

最後の晩餐は思い出とともに……「唯一、残った記憶を元に調理致します」

完結

236ページ

更新:2019/02/13

コメント:スターやメッセージをありがとうございます。(感謝)

説明

死の際、脳裏を駆け巡る走馬灯は自らの人生を映すと言う。それを見終わった時、人は生前の記憶を全て失い、まっさらの状態で黄泉の国へと旅立つらしい。

いや、ただ一つの記憶だけを残して……。


ナナシ:
「いらっしゃいませ。三途の川前レストラン『アテンド』は、お望み通りのお食事をご用意致します。貴方に残った唯一の思い出と共にお召し上がり下さい」

ナナシ:
「それを人は“最後の晩餐”と呼びます」

ナナシ:
「えっ! 貴女には思い出がない! それは困ったことです。どうしたものやら……」

ナナシ:
「仕方ありませんね。思い出の料理を思い出すまで、この店で住み込みで働いて頂きます」



2018.11.27 【E賞】2018スターツ出版文庫大賞 優秀100作品に選出
2018.09.30 【E賞】2018三交社SKYHIGH文庫賞 優秀100作品に選出
2018.06.23 完結
2018.03.01 開始

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

米原湖子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント