このページのリンクアドレス

エブリスタ
ゲーム

小説 SF

ゲーム

リンスイ

白い部屋とカヲルだけがボクの全てだった……

完結

46ページ

更新:2018/02/25

コメント:以前、書いたものを再投稿しています

説明

少年イカサの全てが詰まった白い部屋。そこには一台のゲーム機が備え付けられていた。「大きくなったら入ってもいいわよ」イカサを世話するカヲルが何時だったか語った言葉を胸に、十四歳になったある日。彼はカヲルの許可をもらってゲームを始めた。それが何を意味するのかも知らずに……
この作品は、今は退会した、とあるユーザー様からの依頼を元に、私が完成させた作品となっています。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

リンスイさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント