このページのリンクアドレス

エブリスタ
君がこんなに甘いなんて、知らなかった。

小説 恋愛

君がこんなに甘いなんて、知らなかった。

芹澤ノエル

(34)

男女の友情は存在する。そう私に教えてくれたのは、誰よりも眩しい君だったのに……。

連載中

380ページ

更新:2018/12/09

説明

私には、長年交際している同棲中の恋人がいる。
けれど永遠に続くと思っていた恋は、ある日突然終わりを迎えた。


そんな中、不覚にも傷心の私が甘えてしまった相手は、男女の友情はあるのだと初めて信じさせてくれた男友達だった。


「お前は十分魅力的だよ」


「七瀬……俺だけを見て」


一つの恋が終わりを迎えたと同時に、揺らぐはずのなかった男女の友情が変わり始めていく。


七瀬依織(ナナセ イオリ)27歳
職業:視能訓練士

甲斐悠里(カイ ユウリ)27歳
職業:理学療法士


同期で親友、職場も同じ。
出会ったときから彼の笑顔は太陽みたいに眩しくて、私はそんな彼の明るさにいつも救われていた。


……私たちは、一生親友でいられると思っていたんだ。




※完結まで無料です。完結後、有料化に移行する予定です。ご了承下さい。

※ストーリーの構成上、性的描写が含まれます。場合によってはR18指定に切り替える可能性がありますので、ご了承下さい。


完結作品

『1番近くて遠いキミ』 [リンク]

『sugar’s LOVER』 [リンク]

『365日、君だけ。』[リンク]

『bitter’s LOVER』 [リンク]
※番外編公開中※

『見つめてるキミの瞳がせつなくて(旧題:年下SECRET)』  [リンク]
【三交社様より2016年7月9日書籍発売】

『その恋は、Destiny』[リンク]


『わたし、恋愛再開します。(旧題:君と最後の恋をする)』[リンク]
【三交社様より2017年6月9日書籍発売】


『愛しいあなたと朝食を~初めてのI Love you~』[リンク]
【三交社様より2018年4月10日書籍発売】

この作品のタグ

作品レビュー

芹澤ノエルさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません