このページのリンクアドレス

エブリスタ
Contractras 上

小説 現代ファンタジー

Contractors series

Contractras 上

ヤムスケ

誰も死ぬことはない学園異能バトル

連載中

38ページ

更新:2018/06/02

コメント:どっちが本物かはページ数と更新日で確認してください

説明

未だに、自分でも理解できませんがこうゆうことです。
※ヴァンパイアや他の神話人物なども神の世界にいます。

神の世界と自分たちが今いる世界(次から人間の世界とかく)があって、神の世界は天界と冥界があり人間の世界にも同様に真の世界とVRの世界があります。(主人公たちは真の世界に住んでいます)
で、人間の世界はカオス等の原初神が管理し神の世界はゼウス等の神が管理しています。
人間が死んだら神の世界へいき人間の知恵(機械など)を教えたり労働をすればまた人間の世界に戻れます。神が喧嘩などで力尽きたら人間の世界にいきます。神は、人間のみにその神の力(異能)を与えますその力を手にすることを契約といいます。

その契約は1872年に初めて起きた。神たちはしょうもないことで喧嘩して数10柱、力尽きたため人間に契約した
主人公(当時13才)は友達と海であそんでいたら友達がおぼれてて主人公が助けに行ったが主人公も溺れた。そこでヴァンパイアが主人公に契約し何とか二人とも助かったで主人公は日本政府からドイツ軍に派遣されそこで異能者が全員集まるそして一般公開されてない機密の戦争がおこなわれる10人vs3000人の戦いで主人公たちが勝つ異能者たちで生き残ったのは主人公だけでドイツ政府からこの戦争は機密にするため見た目を変える薬を飲ませる副作用で約200年間眠り続ける
2030年におき主人公は周りの知り合いが死んでいくのは、いやと思い契約を解除するためドイツ政府に聞くと「また契約者がふえて契約者のみのオリンピックを開くので、神様たちも観戦しにくるとのことで、そこであなたの契約相手にあえば契約解除できるのではないかと。しかも日本に専門中学学校が建てられたと聞きました。しかも奇妙なことに契約者は全員13らしいです」と伝えられ主人公は、即座に日本へと帰った

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ヤムスケさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント