このページのリンクアドレス

エブリスタ
Baby☆High!―ベイビー・ハイ―

小説 恋愛

Baby☆High!―ベイビー・ハイ―

満月 兎の助

(6)

気持ちまで寸止めできるなら、してみろよ

完結

242ページ

更新:2018/06/01

コメント:※金的は反則だよ♪

説明

 ”彼女の背後に立つと、ハイキックが飛んでくる”
 そんな噂が付きまとう空手の達人、野々宮 花。
 
 高校でも周りから一歩引かれてしまうけど、中身はごく普通の女の子で実は痛いのが大の苦手。でも弱みなんか絶対に見せられない!

 そんな中、同じクラスになった古河 蘭丸だけは初対面からなぜか上から目線、しかも……

「よし。お前は俺のヨメ決定だ」

 カッコいいけどエラそう、強引、大胆不敵。そのくせ一途でワンコ系の蘭丸。
 振り回されつつも、メタきゅんが止まらない花。
 そこに幼なじみや親友、ライバルまでが入り乱れて恋の五角形(ペンタゴン)!?

「気持ちまで寸止めできるなら、してみろよ」

 さあ、花ちゃんの初きゅん一番勝負、──始め!


 素敵な花ちゃんと蘭丸くんの表紙イラストは、さくら怜音さま♪
 ↓↓↓
 @wings_web
 https://twitter.com/wings_web
 に、ご提供いただきました。
 ぜひTwitterを覗いてみてくださいませ(*´▽`*)

 そして挿し絵のカバ丸はあめたん[リンク]です(*´ω`*)チャーコと一緒、きゃわわアニマル♪

掲載画像のコピー・無断使用は、法律により禁止されています。オリジナル画像を加工・複写(トレース)した場合も、同様です。
No reproduction or republication without written permission.
許可のない転載、再発行を禁止します。

この作品のタグ

作品レビュー

mimori @皆様に感謝!
mimori @皆様に感謝!さん
【作品】Baby☆High!―ベイビー・ハイ―についてのレビュー

ネタバレ

レビュー失礼致します。
少々時間が経ってしまいましたが、無事完結お疲れ様でした。

最初から最後まで目の離せない展開!相変わらずさすがです。

主人公の花からライバルの百合愛まで。
一途過ぎる彼らに、好感をもたずにはいられない。
みんな良い子でした~!

特に目を引いたのは怜桜君。
お友達に一人は欲しい癒やしの存在でした。
影の薄い中州君も忘れてはいけませんね。

小梅ちゃんは良い子!とにかく良い子!
もう、たまちゃんみたいな存在!←某ご長寿アニメ

そして揺れ動いた蘭丸と杏介の存在。
どちらを選んでも花は幸せになれただろうけど……
個人的には蘭丸派でしたね。ええ、キッパリと。

新入生交流イベント。別の意味でもいろんなイベントが発生し、キャラクター達の気持ちが色々と揺れ動いた瞬間でもありました。

そして話の軸となる空手でも。
作者様は武道も嗜んでいらっしゃったのか?と思った程。
清水のにーさん監修ですか?凄いな!
それを作中でも巧みに表現してしまう作者様には頭が上がりません。

途中からペコメを入れずに読むことに集中してしまった事をお許し下さい。
今回は読める時に一気に読むと言う感じで拝読しました。

最後の最後でも胸をキューッと持って行かれた私。
まだ少しは乙女心が残されているのだろうか(笑)

とても素敵な恋模様、堪能させて頂きました。
ありがとうございます(*´∀`*)

もっと見る

2018/06/14 14:10
コメント(1)
清水 誉@忙殺
清水 誉@忙殺さん
【作品】Baby☆High!―ベイビー・ハイ―についてのレビュー

ネタバレ

 完結お疲れ様です。

 甘酸っぱい恋模様を書かせたら、この作者様は上手い。
 こう、腹の所が「もにゅっ!」とするような、脇腹が「むじゅっ!」とするような、足の裏が「わじゃっ!」とするような……。
 そんな歯痒さこそばゆさを感じられます。

 キャラクターがそれぞれはっきりとした個性が出ていまして、スクールものならではの、登場人物の多さで「これ誰だったかな?」と悩むような事はありませんでした。

 その中でピカイチに光っていたのは百合愛様でしょう。(ワシらの年代でこの名は、世紀末覇者でなければ呼び捨ては出来ませぬ)

 作者様の数ある作品の中でも、彼女の徹底した黒キャラは群を抜いていると思います。
 読書ビギナーや若い方でも彼女の小憎たらしいキャラは分かりやすく、主人公を自然に応援したくなります。

 登場人物のそれぞれの恋の心情は、「あー、こっちのヤツの気持ち分かるわ」なんて思ったりしました。

 楽しかったり切なかったり、辛かったり痛かったり。若い時にしか味わえないフレッシュなスクールライフも、もう一度味わえました。

 試合のシーンも、とても悩まれたと思います。
 見慣れてる人間でも、格闘技の早さや呼吸、流れるような技の動きを表現するのは難しい。
 でも作者様はそれを的確に文字に起こす技を持っている。いつもながら、勉強になりました。

 最後にみんな幸せになって、ホッとしました。

 この作品が沢山の若者に読まれますように。

もっと見る

2018/06/02 12:30
コメント(1)

満月 兎の助さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント