このページのリンクアドレス

エブリスタ
F-CITYのアンジュ

小説 SF

F-CITYのアンジュ

明日乃

敵は国家か、アンドロイドか? アンジュはF-CITYの自主自立を目指す

完結

426ページ

更新:2018/04/19

コメント:メタルコマンダーと自衛隊、CITY警察の混戦バトル

説明

人工出産システムの権益を要求する中央政府がF-CITY制圧に動く。

市長のアンジュはAIのブックスとアンドロイドのユーティーの力を借りて撃退。中央政府に乗り込むが、そこでアンドロイドの自立を目指すブックスの反抗にあう。

ブックスが戦闘用アンドロイドを支配下に置く中、アンジュは自衛隊を離れた二階堂、元夫の芋川らの力を借りて、ブックスのコピーであるβの残した謎解きにかかる。

そんな中、中央政府とF-CITYに極秘の首相選挙が行われ、アンジュが市長に選ばれたという。

βの思惑は? そしてアンジュはβを倒せるのか?

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

明日乃さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント