このページのリンクアドレス

エブリスタ
君に私を○○してほしい

小説 ヒューマンドラマ

君に私を○○してほしい

虚像一心

(6)

それは――母と子の、出逢いと別れの物語

完結

225ページ

更新:2018/06/07

コメント:電子書籍として販売開始しました。URLは作品説明にッ!

説明

 両親に僅かな金と引き換えに奴隷として売り飛ばされた少年ノア。
 彼はそこで悲惨な生活によって、心と精神が崩壊していた。
 誰にも買ってもらえず、ただそこで苦痛の毎日。死にたいと思っていた。

 ある日。いつも通りに市場に並んでいると、一人の女性が現れた。そしてその少年を買った。
 ノアは奴隷としての教育をされたまま、奴隷として生きるように体に刻み込まれた。
 だが、それをその女性はそうしなかった。
”人は自由であるべき”――そう言ったのだ。

 その女性に連れられて、ノアとその女性の――母と子の八年間の物語が始まった。

『BOOK☆WALKER』にて修正に修正を重ねた電子書籍版を配信中でございます!
是非是非、お買いになってくださいッ!
https://bookwalker.jp/decb545f6b-dc54-4fdb-813d-37199ae312b7/?acode=B8bbeuVU

この作品のタグ

作品レビュー

虚像一心さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント